ひよこクラブ読者の母乳と乳腺炎の関係


ひよこクラブ読者は母乳の飲み残しがあったりすると、乳腺炎にかかってしまうことがあります。乳腺が詰まり母乳が出なくなってしまうのです。

乳腺炎にかかると発熱や痛みといった症状が出ることがあり、ひよこクラブ読者で母乳をあげている人にとっても赤ちゃんにとっても、つらい状態になってしまいます。詰まっている母乳を飲もうとしますから、頑張って飲まなくてはいけなくなります。ひよこクラブ読者にとっては胸が腫れたり、寒気がしたり風邪を引いたような状態で授乳しなくてはなりません。ひよこクラブ読者の母乳をあげている人のすべてが乳腺炎にかかってしまうというわけではありませんが、こういった状態

になってしまったら、マッサージをすることが必要になります。つらい状態でも赤ちゃんに母乳を飲んでもらうようにすることが大切です。

ひよこクラブ読者は自分で症状が良くならない時には病院でマッサージをしてもらう必要があり、ひどい状態になるとひよこクラブ読者の親子で入院ということにもなります。乳腺炎にかからなくても、母乳で育てているひよこクラブ読者はマッサージを続けていたほうがいいでしょう。また飲み残しがないように、搾乳するということも必要です。授乳しないでいると胸が張ったような状態になり、つらくなりますからこういった場合にも搾乳しておくようにしましょう。

ひよこクラブ読者は母乳がよく出て、乳腺が詰まらないように気を付けることが肝心です。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ひよこクラブ読者が母乳相談できるサイトについて
ひよこクラブ誌上でも話題になっていますが、女性が結婚、妊娠、出産するとそれに関......
ひよこクラブ読者の母乳のあげかた
ひよこクラブ読者の赤ちゃんの母乳の飲み方と哺乳瓶からの飲み方ではやり方が違って......
ひよこクラブで紹介・母乳外来について
ひよこクラブ読者にとって気になるテーマですが、妊娠、出産、育児と女性にとっては......
ひよこクラブで紹介・母乳育児の関連グッズ
ひよこクラブ読者の中で母乳で育てている人の大きな味方が母乳育児のグッズです。た......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ひよこクラブ読者のお悩み相談室:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.boyfriend-s.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。