ひよこクラブ読者のアトピー性皮膚炎に漢方薬


ひよこクラブで話題のアトピーの話題です。アトピー性皮膚炎の人には、治療薬が欠かせません。完全に治すことは難しく、ひよこクラブ読者の中でも長期の治療になるケースが多くあります。

ひよこクラブ読者のなかには、症状緩和のために外用薬のほか、漢方薬を飲んでいるという人も多いのではないでしょうか。体質改善効果があり、体の中から治療をしていくことができます。アトピー性皮膚炎の症状に合わせて、漢方薬を配合してくれます。症状がひどい時には、漢方薬だけの利用がつらい時があります。外用薬と併用しながら、利用することになるでしょう。ステロイド剤は

使用を辞めたほうが、漢方薬の効果が表れます。その際には、医師の指示に従って利用することが大切です。ひよこクラブ読者のあなたも、いきなり辞めてしまうのではなく、きちんと説明を聞いてから利用するようにしましょう。

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)は憎悪期や急性期の時に効き目があります。黄耆建中湯(おいぎけんちゅうとう)は体が弱い体質の子供に有効です。補中益気湯(ほちゅうえっきとう)はアトピー性皮膚炎の症状体質そのものを治すのに適しています。消風散(しょうふうさん)は夏に体が熱くなると症状が出てくるという時に有効です。皮膚の炎症や痛みを緩和してくれます。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)は、乾燥してくる冬に、アトピー性皮膚炎がひどくなるという、ひよこクラブ読者に効き目を発揮します。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ひよこクラブ読者のアトピー性皮膚炎になりやすい乳児
アトピー性皮膚炎になる場合には、多くがひよこクラブ読者の子供の時に発症していま......
ひよこクラブ読者の子供のアトピー性皮膚炎について
ひよこクラブ誌上でも話題になっていますが、アトピー性皮膚炎を発症するのは、多く......
ひよこクラブ読者の子供がアトピー性皮膚炎になる理由
ひよこクラブ読者のアトピー性皮膚炎の発症原因の多くは、体質遺伝です。遺伝的にア......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ひよこクラブ読者のお悩み相談室:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.boyfriend-s.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。